設計監理方式とは、設計事務所が「建築のプロ」として各業務において詳細な資料を作成し説明することで技術的なサポートと合意形成のサポートをしながら、管理組合が意志決定をして大規模修繕工事を管理組合自ら進めていく方式です。
S&Bパートナーズ設計では、管理組合だけでは判断できないことを管理組合の立場に立って提案し、合意形成を図りながら進行して管理組合の皆様が満足できる改修工事を実現します。

設計監理方式とは