工事監理業務とは

工事監理では、管理組合に代わり施工者への技術的指導や工事のチェックを行います

工事監理業務の目的

工事をよく知る監理者の確認と検査で、工事の品質を確保することです

工事監理業務の流れ

1. 着工前準備

工事請負契約書の内容チェックと締結をサポートします
施工会社との準備打合せで施工計画全般を指導します
工事中の進め方について三者定例打合せの方法を確認します

2. 工事説明会

工事説明会の配布資料の事前チェックと指導します
施工会社の説明を補佐、技術的な説明をサポートします
工事の注意事項を居住者に周知徹底します

3. 工事監理

三者定例を開催し、工事の状況を管理組合に報告します
工程・安全管理のアシストをします
仕様通りに施工されているかを材料検査、試験施工、中間検査により確認して徹底した品質管理をします
実数精算項目の下地マーキング検査実施して数量を精査します
設計変更、追加工事が発生した場合の対応をします
足場解体前検査を実施し最終確認をします
監理時の記録を監理報告書として作成します

4. 竣工引渡し

管理組合の立会いのもと竣工検査を実施します
引渡し手順の指導と竣工図書の内容を確認します
工事監理報告書を提出します

5. アフター点検確認

施工会社のアフター点検の報告書を確認します
施工会社のアフター点検に立会います
施工上の問題点があれば速やかに是正を指導します

工事監理業務のポイント

  1. 着工前に施工計画を確認
  2. 工事説明会で居住者に工事の注意事項を周知
  3. 実数精算項目のマーキング検査と数量の精査
  4. 重要な工程での中間検査の実施
  5. 管理組合への的確な工事状況の報告
  6. 施工業者のアフター点検計画をチェック
  7.