改修設計業務とは

建物調査診断の結果に基づき、基本設計で各々の建物に最適な改修仕様を計画します。それと同時に設計事務所による積算数量で設計予算書を作成、管理組合様との協議の中で実行予算との調整を図りながら実施設計を進めます。実施設計の仕様書図面等は、施工会社選定で見積依頼するための資料となります。

改修設計業務の目的

業務方針

実施する工事項目・範囲・仕様を決めるため、管理組合様と協議しながら優先順位を付けて修繕予算との調整を図ります。

改修設計業務の流れ

1. 基本設計

全体業務の実施工程を作成し検討します。
仮設計画について、設計段階で確認・検討します。
基本修繕の工事項目・範囲・仕様を提案します。
改良・改善工事についても検討し提案します。

2. 設計予算書作成

建物各部位の積算を行い数量内訳書を作成します。
数量内訳書に実勢に近い価格で設計予算書を作成します。
基本設計で計画した工事項目の予算検討書を作成します。
仕様別の工事金額の検討や工事項目に優先順位を付けて予算調整を行います。

3. 実施設計

設計予算書で検討した結果、実施する改修工事の仕様書を作成します。
見積に必要な工事範囲の図面を作成します。
工事内容により詳細図面等を作成します。
見積依頼のための見積要項書を作成します。

4. 設計説明会開催

修繕工事計画の内容を説明用の資料としてまとめ、居住者へ配布します。
設計計画説明会やマンション見学会を開催し、居住者に対し工事計画の内容を説明します。

改修設計業務のポイント

  1. 各部の劣化状況に則した的確な改修仕様を策定
  2. 正確な概算工事費を算出したうえで、修繕予算を検討
  3. 無駄な工事を除外し、修繕積立金を有効に活用
  4. 中長期的な視野で経済性を考慮した改修仕様の選定
  5. 居住者へ修繕計画を周知し、工事への理解を深めること